葬儀の日の喪主の役割は、ひたすら弔問をいただく事になります。細かい事柄は葬儀全般の運営を仕切る施主に任せます。この施主とは会葬の実務全般をつかさどったり会葬の経費を受け持ったりする人のことをさし、例を上げれば喪主の年齢が高いケースなど、その子供が任務を果たすなどとされています。
いろいろな香典返しが存在しますが、基本は香典の額に関係なく統一した香典返しが配られます。参列してくれた人にお礼を表明する香典返しです。お返しに差を付けないようになっています。近年は選べるカタログギフトなどいろいろな香典返しが存在しています。
葬儀の流れにおいては、参列者が揃って席に付いた後、僧侶がお経を読み上げ、そののち、お坊さんによる焼香があります。その後、弔辞などがなされ、参加者による焼香が行われます。これがすめばお葬式は終わりますが、この後、故人とのお別れがあり、関係者は火葬場に行く事となります。

お通夜とは、もともと告別式の前日に遺族や親しい友人などが一晩中、故人のそばで邪霊の侵入を防ぎ、故人との別れを惜しむ会でしたが近頃は葬式に出られない人のお別れの会ともされて、時間も昔より短縮され1~2時間程度が主流となっています。
故人と参列する人の立場にもよるのですが、親族ではない故人の葬式の場合は、所要時間はだいたい3時間くらいになります。開式から出棺が1時間、その後に火葬場へ行き骨上げをした後で帰ると、恐らく3時間ほどはかかります。家族の場合には、もちろんたっぷり1日は時間が必要です。
一般的な鯨幕の売値はウェブの通販のショップを探すと180センチ相当7,000円ほどが目安のようです。こういった変わった物でもウェブで出しているのなら貸し出しもあるかと見てみましたら、残念ながら鯨幕を貸し出ししているHPはあまりなかったです。

死んだ人を一生覚えておきたい。何かにとどめておきたい。その様な願いで作られる亡き人の記録をメモリアルビデオと言います。故人のポートレートを映像化したものや亡き人の遺品などをBGMを入れて一本の映像にして、親族が集う法事などで故人を思うそうしたビデオです。
誰か身内が他界した場合には、急いで案内をしないと皆で最期のお別れができなくなってしまいます。今は携帯電話があります。口述でも構わないので親しい人から案内をするといいです。いつどこで死亡し、何月何日どこで通夜と葬儀をやるのかを報告してください。さらに、電話をした相手に各方面への連絡を依頼し、素早く案内をするといいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*