葬儀の料金

日本の人たちの葬式は、9割が仏式で行なわれているようです。別に仏教の信奉者でない日本人も多いですが、最期は仏教形式で葬式をとりおこなう人が多いです。お坊さんがお経を読み、お焼香があり、最後に出棺もあります。その後は火葬場へ棺が運ばれ、棺桶のまま燃やされます。大まかな仏教スタイルの葬式の流れは以上です。
代理でお通夜や葬式に参加するときには、香典袋の氏名と記帳するときの名義に悩んでしまう人が多いです。普通は香典にも記帳にも参加できない当人の氏名を記載しましょう。絶対に代理人の氏名を記載しないでください。遺族が混乱してしまいます。記帳には参列できない当人の名前を書き、氏名の最期に「代」や「内」と書き込んでください。
通常キリスト教の国々では埋葬が行なわれます。遺体を焼く習慣がない地域がヨーロッパ地方には特に多いようです。キリスト教の教会で葬式を行なった上で、棺桶を墓所に運んで、そのままつるし上げて穴に入れ、上から土をかけます。葬儀の段階で帰宅する人も居ますし、埋葬までくる人も居ます。

仏教形式でなく神式の葬儀に参列をすると、二礼二拍手をする儀式があります。玉串を手向けた後でするのですが、この時に思い切り音を立てて二拍手をしては駄目です。拍手をする姿勢をとりつつ、手が接触する瞬間には、力を緩めてパチンと音が響かないように配慮してみましょう。
中国から日本に六曜が入ってきたのは鎌倉時代後半と言われています。そして、江戸時代初期には似たような歴注が禁止をされましたが、六曜については禁止の対象に入りませんでした。以降、19世紀の初めに現在の様式になったとされています。その後大戦がおわり劇的に民衆の人気を集めました。
亡くなった故人の家族は礼服を身に付けなければ駄目ですが、一般の参列者がお通夜や葬式に出るとき、黒い喪服、または平服で大丈夫です。仕事帰りなど急きょ立ち寄った通夜などは、逆に普通のスーツなど平服が自然かもしれません。改めて葬儀・告別式のときに喪服に替えてくればそれでいいのです。

葬儀で困るいざこざが、来てくれた人の名前を間違えて記載する事です。特に職場の上司の氏名を間違えたりすると、あとでヒドイ仕打ちが来るかもしれません。いきなりの出来事で慌てているでしょうが、名前間違いは絶対NGです。電話による連絡だけではなく紙にちゃんと記しておくことが大切です。
葬式の際はぎらぎらしたアクセはすべてだめとは言いかねます。例を出せば、亡き人は生前バラが好きでお葬式の際はバラを飾って下さいと言っていた為、参加者で相談をして参加者全員で胸元にバラを付けた葬儀もあるそうです。つまり、故人が最もうれしがる服装が良いと言うわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*