葬儀と喪主

弔辞を読む時間はおおむね3~5分ぐらいが適切です。弔辞は難解な言葉で言わないとならないと思われがちですが、なるべく自分の言葉で訪れた人に亡くなった人のこれまでの人生が伝わるような事を語るのが大切です。ただ、家族を今以上哀しくさせるような話はやめた方がよいとされています。
シンプルに説明がしにくい葬式の歴史です。人間という生き物が他人の他界をいかに扱ってきたのか、その歴史そのものが完全に葬儀の歴史となるからです。人の歴史の中で最も古い葬儀の記録は、6万年ほど前にさかのぼるのです。それ以降も地球上で多種多様な葬式がされてきたのです。
仏式やキリスト教で葬儀をする場合はだいたいのひな型が存在しますが、無宗教の場合にはさまざま生前に親族を含めてプランを練っておく必要がありそうです。無宗教形式の場合はいろいろな料金が抑えられます。費用的にはすごく負担感少なくとり行える可能性が大きいです。

愛するペットが死んでしまったら、一番に、涼しい場所に置きます。その後、冷やした水や氷などで冷やして下さい。とりわけ暑い時は念入りに十分に冷やしましょう。それがすんだら小型のペットで空き地などがある家などは、これまでペットが好きだった物をいれ庭を深く掘って入れてあげてください。
日本国内では普通仏式の葬式がとり行われますが、宗教色の無い形式で葬儀を催す日本人も居ます。とは言え、死んだ人の明確な考えが無い場合は、たいていは仏教の形式になる傾向があります。仏教徒でない人であっても、仏教のやり方に大多数の日本人が親しんでいるためです。もちろんキリスト教徒はキリスト教式の葬式をします。
今では葬式の必要性に懐疑の気持ちを持っている人も増えています。その結果、葬儀をやらず、いきなり火葬をする方も増加しています。その手の葬式を直葬と呼びます。費用も非常に廉価にできるので、最近ではかなり人気の葬儀スタイルです。直葬を望む人も増加しています。

案外知られていないのが、数珠の持ち方です。お葬式の際の数珠の使い方は左手または左手首にからめます。また、合掌は両手を合わすと親指と人差し指に挟んで合掌するのが基本的なルールです。結局のところ決まりは決まりですからしっかりと覚えておきたい大切な作法です。
ずっと昔、わが国では神の儀式を行う場所を斎場と呼んでいましたが今はお葬式をするだけの場所をなっています。少し前は葬儀場とは市区町村や公社などが運営の中心でしたが近頃では民間の進出もはげしくなり、客の獲得戦争で宣伝に力を入れるなど相当過酷なレースが行われています・

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*