健康管理業務を実施する意味合いを解説します

企業にとって従業員は人財であり、会社の永続的な発展に欠かせない重要な要素です。採用した従業員には、会社の将来を担う貴重な戦力として長く活躍してもらうため、従業員の健康的な身体と精神の管理維持が企業に求められるのです。それは企業の大小問わず健康管理業務として重要な取組みとなります。健康管理とは健康的な心身の状態を継続的に維持すべく行う活動です。企業の健康管理業務の背景には労働に関連する法令があり、中でも労働安全衛生法は企業が積極的に従業員の健康に配慮する取組みを求めています。ここ数年、労働環境は長時間労働問題や従業員のストレスチェック及び有給休暇取得の義務化など課題に直面しています。この状況下、企業は従来の健康診断とその結果指導だけでは従業員の健康を守ることは難しく、日々の勤務状態から従業員の健康に目配りと心配りすることが健康管理業務のポイントと考えます。

健康管理業務の外注システムを導入するメリットとは

大企業であれば健康管理業務を専門とする部署やスタッフが配置され、全従業員の健康維持に向けた施策取組みが実践されています。残念ながら中小企業の人事総務部門の実態は、健康管理業務の重要性は理解しているもののその業務を専門に担う要員まで確保できていません。そのような状況の中、健康管理業務を外注委託し効率的に管理対応するシステムがあります。企業の導入メリットはとても大きく、単なる健康管理の業務代行ではありません。主なメリットには、労働等の法改正や規制に迅速対応すると共に健康管理に関する事務業務を完全委託が可能であり、従業員の健康データ管理や結果データの異常値チェックと保健指導も効率よく対応します。また時間と労力を必要とする健康診断結果報告書など労働基準監督署提出資料の帳票作成の支援が受けられるのです。このように健康管理が徹底されると労働環境は改善され働きがいのある健康的な職場に生まれ変わります。

健康管理業務の基本的な活動と内容について

中小企業が執り行うべき健康管理業務の基本について説明します。まず健康管理の基本は、従業員本人が常日頃から健康に対する意識を高めることが肝要であり、日々の自己管理が重要となります。そのため体調不良の際は、直ちに病院に行ける職場風土の醸成が企業の責務と考えます。大切なことは企業のみならず従業員が健康は自分だけの問題ではなく企業の利益と成長に直結する重要課題と認識することです。基本的な健康維持活動は、まず健康管理体制の明確化です。職場で健康管理責任者を任命すると共に場合によっては外部から健康アドバイザーなど専門家の支援を求めます。そして従業員の健康状態掌握がポイントです。健康診断の受診状況を確認し適時、保険指導を受ける習慣を植え付けます。加えてメンタルの健康状況確認も行い、ストレスチェックやこころの耳を活用します。最後に時間外労働や休日出勤の実態を把握し負担にならないよう予防措置を講じます。