健康管理業務を行う利点を教えます

いつの時代においても人間の人生の中で多くの時間を割いて仕事に従事しているものですが、昨今では仕事に対する考え方や価値観が大きく変化してきました。戦後からの高度成長期にかけては、がむしゃらに時間や休みも関係なく働くことが一つの美学とされてきましたが、現代社会では社員の健康管理業務が適切になされている会社が評価されつつあり、それがひいては企業の業績向上に繋がると考えられるように変化してきました。これもいわゆる働き方改革の一つと言えるでしょう。このようなことから多くの企業では概ね年に一度のペースで実施している健康診断の検査結果を基に産業医や健康保健師が適切な指導を行い、社員それぞれが健康の維持もしくは改善に努めることで、働く社員が健康であることこそが、最大の企業努力であるとも言えるでしょう。

なぜ健康管理業務を行う必要があるのか?

従来の考え方では企業で働く社員の健康管理はあくまでも自己管理の範囲内で捉えられる傾向がありましたが、この風潮が大きく変わった背景には社内におけるパワハラや長時間労働といった職場環境が社会問題となり、ひいては命に係わりかねない程の大きな問題であることに企業が危機感を抱いたこととも言えます。このような情勢の変化から有給休暇制度の取得や残業時間の削減などの取り組みも企業努力として、今では多くの会社が行っておりますが、その根底には働く社員が何よりも健康であることが重要です。例えば、健康診断についても以前から実施していた企業の多くはかかりつけ医に一任していましたが、現在では産業医や保健師を雇い、社内で健康管理業務を行うことで一元的に社員の健康状態を把握して管理及び指導を行うことが出来ることが大きな特徴になります。

健康管理業務が適切にされている職場とは?

社員の健康管理業務を行うメリットについてですが、これはひとえに働く社員の健康保持のひと言に尽きると思います。いくら優秀な人材がいたとしても健康状態に難があるとしたら企業には残念ながらプラスよりもマイナスの要素が大きいと言えるでしょう。このように人材を有効に生かすことで、初めて企業に利益をもたらすことが出来るからです。これは企業にとって人材=宝であることに他なりません。宝である人材を持ち腐れではなく、有効活用するには健康第一が大前提であり、その根幹を担うのが健康管理業務になります。またこういった社員の健康管理が適切に行われている企業は、それだけ何事にも先進的に進んでいる風土があることから労働時間の管理などを含めた働き方改革が進んでいる前衛的な企業が多いと捉えることも出来るでしょう。

15年超にわたり、400名を超える産業保健スタッフの声を集積し、2018年に完全刷新されました! 健診・保健指導実施率の向上をサポートします。 専任チームによる、女性の為の健康支援サービスです。 リアルタイム進捗管理や台帳出力が可能な健診ポータルサイト『i-Wellness』利用料も含まれます。 健康診断の解説と健康コラムは『+Wellness』です。 従業員の健康を守るために必要な健康管理業務を導入しよう